Swimrun / About

スイムランについて

スイムランルール

参加者はルールを了承のもとイベントにエントリーすること。
参加者はしっかりとルールを読み、理解すること。
参加者は各イベントのルールに従うこと。
イベント開催希望者は日本スイムラン協会まで事前に連絡すること。

1.エントリー

  • レースは18歳以上で泳ぐことができる2名1組で行う。性別は問わない。
  • 自身でスイムランをカバーする保険に加入している。
  • エントリー後の返金はしない。
  • エントリーの転売は不可とする。

2.コース

  • 全体の距離の25%をオープンウォータースイムパートとする。
  • トレイルにはマーキングがあり、選手はマーキングに従う。
  • マーキングに沿らない選手は失格とする。
  • 必要に応じて、水、食料の補給ポイントを設置する。
  • 必要に応じて、選手をサポートするメディカルチェックポイントを設置する。

3.装備

全てのチームは自分たちの全ての装備をスタートからゴールまで運ばなければならない。
もし、装備を紛失した場合は失格とする。

  • チームごとの必須装備
    • 防水パックされたファーストエイド(包帯必須)
    • 水温に合ったウェットスーツ(各自)
    • コンパス(腕時計のコンパス可)
    • 笛(各自)
  • 主催から渡される必須装備
    • ビブ
    • 計測チップ
    • スイムキャップ
    • 地図
  • 推奨装備
    • ハイドレーション
    • 二人を繋ぐロープ
  • 禁止装備
    • 100cm×60cm以上の浮き具
    • ウェットスーツへの水溶性のペイントや着色
    • ブレードの長さが15cm超のスイムフィン

4.選手の義務

  • チームは一緒にチェックポイントおよびゴールを通過する。
  • 関門時間までにチェックポイントを通過しなければならない。
  • 選手は他の参加選手、主催者、観戦者、レースエリアの在住者を敬わなければならない。
  • 選手は優勢となるためのいかなる不正は許されない。
  • ドーピングは禁止とする。(http://list.wada-ama.org
  • 選手は主催者が緊急の要請を依頼した際には協力する義務がある。
  • 事前のコース試走は可能だが、そのエリアの住人や環境へ配慮する。
  • レース中の事故についての責任は主催者ではなく選手にある。
  • 選手は他の選手が怪我等を負っている場合は助ける義務がある。
  • 自然を破壊する行為、ゴミを捨てる行為は禁止する。そのような行為が判明した場合は即時失格とする。
  • 安全上の理由から、1つ目のランセクションでの牽引は不可とする。
  • レース中、他からのアシスタンスを受けることは禁止とする。
  • レース中、チームの2名はいかなる時も10m以上離れてはいけない。

5.その他

  • 審判はレースディレクターおよび主催組織から指名された2名の者とし、選手はその指示に従う。
  • 主催者が選手の疲労度、身体的状態などでレース継続が不可能と判断した場合にはレースを途中で辞めさせることができる。